建材を壊す害虫に注意

シロアリ被害

巣を見つける重要性

家の中にシロアリが出るようになった時は、個別に対処するのではなく大元の巣を撤去しましょう。シロアリはコロニーを形成して活動する昆虫です。放置していると繁殖が進んで木材だけでなく様々な物を食べられてしまいます。シロアリはビニールや発泡スチロールなど様々なものを齧る害虫として知られています。通常、シロアリは湿気のある場所に巣を作るとされていますが、乾燥した場所でも生活することができます。巣の在り処を特定できない時は専用業者に仕事を依頼します。こうした業者は蟻道を発見して巣を見つけてくれるのです。ヤマトシロアリは放置し続けているとハネアリになりますから、一層対処が厄介になります。近隣住民に被害を出さない内に駆除しましょう。

便利な薬剤

予防と駆除を同時に行ってくれるシロアリ用の駆除方法と言えば、毒餌が有名です。シロアリは巣に餌を持ち帰って食べますから、毒餌を各所に設置しておくことで多くの駆除が望めます。また毒餌であれば人間が吸引せずに済みますので、自宅に乳幼児がいる家庭でも安心して設置できます。あまり時間をかけずにシロアリを駆除したい時は、霧状や液状で使用できる薬剤を買いましょう。こうした薬剤は即座に効果が見込めるのが魅力的です。散布して使用する策剤を使う時に気になるのは、シロアリの取りこぼしです。もしも残されたシロアリが拡散するのが不安な時は、複数の駆除方法を一緒に行いましょう。また駆除後の予防を考えることも大切です。住まいに蟻道ができていないか、構造を確認しましょう。

Copyright © 2017 ハチを闇雲に退治するのは危険がいっぱい! All Rights Reserved.