愛らしい鳥に注意

困る人

ウィルスをもたらす

平和を象徴するシンボルとして大事にされている鳩は、公園や住宅地など様々な場所に現れます。人間が餌をやることで人を恐れなくなっている鳩も少なくありません。しかし鳩は野生の動物ですから、人間にとって有害なウィルスや菌を撒き散らします。特に免疫の出来上がっていない幼児を近づけるのは危険です。ベランダに頻繁に現れるようになった時は対策が欠かせません。ベランダであれば鳩が手すりにとまらないようにネットを張って対策できます。こうした対策であれば殺さずに済むのが安心です。長くベランダに居座るようになったら糞尿の被害が深刻化します。また自宅で対策を講じなければ隣近所からクレームが入ることもありますので注意しましょう。

病院での注意

鳩は群れて行動することの多い鳥ですから、建物に棲み着いたら一羽では済みません。人間の生活を考慮せずに鳴き続けるのも問題です。会社の屋上に鳩が来るようになった場合、ネットは利用できません。そうしたケースであれば取り外しできるニードルを使って手すりを防御しましょう。特に高所であれば巣を作られる危険性がありますから、早期対処が欠かせません。また病院で鳩の被害に悩まされた時は専門業者を雇って対策をとることも大切です。鳩は人間が移動しなくても羽ばたいて菌を撒き散らしますので、患者さんに健康被害が出てしまいます。専門業者は鳩の生態系を理解した上で対策を講じてくれるだけでなく、アフターケアが揃っているのが魅力的です。

Copyright © 2017 ハチを闇雲に退治するのは危険がいっぱい! All Rights Reserved.